マイクロファイル Type K

マイクロスコープを用いた根管治療の際に用いる専用のKファイル。
顕微鏡歯科を始めると、こういった特殊な器材が必要になります。

マイクロKファイル

ミラーで確認しながらの作業になるので、視野を邪魔しないための器具が必要。
こんな風に「くの字」に折れ曲がっていないと視界を遮ってしまいます。

ついでに、このマイクロファイルを保持するためのエンドホルダー。
軸の部分が通電できるようになっているので、電気的根管長測定が可能です。

顕微鏡はよく見えるので良いのですが、周辺器材のコストがかかります (^^;)

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン