銀歯を外してレジンで神経を保護 【動画】


顕微鏡を用いた歯科治療(レジンベース)

銀歯を外して、中のムシ歯を顕微鏡で確認しながら除去します。
ムシ歯の確認は、検知液で染め出したり、硬さから判断していきます。
ムシ歯の削りカス(スメア)は、弱い酸で溶かして洗浄しています。
その後、消毒作用のある次亜塩素酸ナトリウムジェルを用いて歯面処理。
改めて弱い酸で歯面を中和した後、接着処理をしてレジンを積層していきます。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン