ラバーダム防湿

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)は根管治療(神経治療)で威力を発揮します。
しかし、マイクロスコープよりも重要なものは、ラバーダムです。

根管治療の際に重視するなら、マイクロスコープよりもラバーダム

ラバーダム防湿 レジン隔壁

写真の下2枚に写っている紫色のものがラバーダムです。(隔壁も築造しています)
色はいろいろあって、半透明のものや薄緑のものなどもあります。
簡単にいうと歯にかける「ゴムのマスク」「ゴムのコート」です。

唾液の侵入などによって根管内が汚染されることを防ぎます。
また、逆に根管内に用いる強力な消毒剤が、口腔内に漏れるのを防ぎます。
治療器具を過って飲ませてしまう危険性も排除することが可能です。

安全に、キチンとした根管治療を進めようと思えば「必須アイテム」なのです。
また、顕微鏡を用いる際は、口腔内蒸気によってミラーが曇るのも防ぎます。

ラバーダム・根管治療関連記事】
根管治療が得意な歯科医院の探し方
ラバーダムの使用は、韓国でも常識らしい
根管治療が難しい理由 – 歯の中の神経は迷路
ラバーダムの使用率 – 世界の常識、日本の非常識!?
理想的な根管治療とは・・・!? (抜髄処置・感染根管処置)
ラバーダム防湿法って、知っていますか?
根管治療の成功率とラバーダムについて

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン